尼崎ボーイズ  会 則( 定 款 )

     公益財団法人 日本少年野球連盟ボーイズリーグ  兵庫県支部・尼崎少年硬式野球協会尼崎ボーイズ



第 1 章 名 称 及び 事 務 所

第 1条 本団は、財団法人日本少年野球連盟ボーイズリーグ 兵庫県支部 尼崎ボーイズと称し、
      事務所を兵庫県尼崎市東大物町2丁目11番6号 林好和宅に置く。

第 2 章   目 的 及び 事 業

第 2条 本団は、硬式野球を愛好する少年に正しい野球のあり方を指導し、野球を通じて心身の練磨とスポーツマンシップを理解させる
      事に勤め、規律を重んじる明朗な社会人としての基礎を、養成し、次代を担う少年の健全育成を図ることを目的とする。
      財団法人日本少年野球ボーイズリーグ憲章に基づく。
    
第 3条 本団は、前条の目的を達成するために次の事業を行う。

  1.   規律(挨拶、マナー)・技能・健康管理の指導。
  2.   各種大会・記念行事の参加及び野球を通じての世界並びに地域の交流。
  3.   本団での各種行事の実施及び地域チームの招待試合の実施。
  4.   その他(目的達成に必要な事業)

第 3 章      団      員 

第 4条 本団は、中学生(小学生高学年は協議の上)の少年を団員とする。
      本団の、団員の髪型はスポーツマンらしく丸刈りとする。(五分刈り以下)

第 5条 本団の、団員となるには、入団申込書を提出し、代表と監督の承認によって決定される。

第 6条 団員は、フロント及び父母会の承認によって定める会費を納入しなければならない。

第 7条 本団は、品位を保持し、純粋性を堅持して、少年野球の理想を貫くための前項の規定を、適用する。

第 8条 次の事由によってその資格を紛失する。

  1.   退団。
  2.   除名。


第 9条 退団するときは、その事由を提出しフロントの承認を得なければならない。

第10条 次の各号の一つに該当したときは、代表が除名する事ができる。

  1.   本団の名誉を傷つけ、又は本団の目的に違反する行為があったとき。
  2.   会費を滞納したとき。

第 4 章   資 産 及び 会 計

第11条 本団の資産及び会計は次ぎの通りとする。

  1.   入会金・会費(別紙入部案内を参照)。
  2.   助成金及び寄付金品・その他収入。
  3.   遠征関係については、別途徴収するものとする。
  4.   本団の運営が困難なときは、臨時徴収または一時借入する事ができる。
  5.   資産は、野球用具および関係する物品・トラック・遠征用バス。


第12条 本団の運営は、父母会の決議によるものとする。ただし緊急を要する事については代表が決済出来るものとする。
      事業計画・収支予算は、毎会計年度開始まえに役員が編成し総会の承認を受ける物とする。

第13条 本団の決算は、会計年度終了後役員が作成し、会計監査を経て、総会の承認を受けるものとする。

第 5 章   役 員 指 導 者

第14条 本団は、次の役員指導者を置くことができる。

  1.   会        長   1名(以下フロント)
  2.   代        表   1名(    々    )
  3.   副   代   表   数名(    々   )
  4.   相   談   役   数名(    々   )
  5.   監        督   1名(以下スタッフ)
  6.   コ    ー    チ  数名(    々   )
  7.   マ ネ ー ジ ャ ー    1名(    々   )
  8.   審   判   部   数名(    々   )
  9.   父 母 会  役 員   数名(以下父母会 )
  10.   父 母 会  会 長   1名(    々   )
  11.   父 母 会 副会長   数名(    々   )
  12.   学  年  主  任   数名(    々   )
  13.   会        計   1名(    々   )
  14.   会  計  監  査   数名(    々   )
  15.   婦 人 部 部  長   1名(    々   )
  16.   婦 人 部 副部長   数名(    々   )
  17.   そ の 他 役 員   必要に応じて数名


第15条 本団の役員は、父母等の中から総会において選出しフロント・スタッフ・役員四役については、代表が任命するものとする。

第16条 本団の役員の任期は、一年としフロント・スタッフについては引き続き任務を遂行するものとする。

第17条 本団の役員は、団の資産・財産を管理し、団の加盟・登録について責任を持つ。

第18条 本団は、名誉会長・後援会長・顧問・参与を置くことができる。

第 6 章      会      議

第19条 毎年一回以上の総会を開き、団の運営・行事を提示し協議すると共に収支決算を報告しなければならない。

第20条 会議は、定例総会・臨時総会・役員会・父母会とし代表が召集する。

第21条 総会の議決事項は、出席者の3分の2以上で審議し同意を得なければならない。

第22条 定時総会は、毎年シーズンの終了後に開催する。

第23条 臨時総会は、代表または過半数を超える父母が必要と認めたときに随時行う。


第 7 条 会則の変更ならび解散

第24条 この会則は、代表または父母会総数(委任状を含む)の3分の2以上で審議し承認を得なければ変更する事ができない。

第25条 本団の解散は、代表または父母会総数(委任状を含む)の4分の3以上で審議しフロントの承認を得なければならない。
      但し、解散については代表の拒否権発動がすることができる。

第 8 章     補     則

第26条 本団の活動時において不慮の事故については、傷害保険・損害賠償保険・自動車保険等加入しており故意でないかぎり
      関係者個々責任を問わず、団員・父母会・フロント・スタッフ等について適用するものとする。

第27条 本団の活動において個人情報の取り扱いに関する件については、活動範囲に関して使用するものとする。

附  則
1.この会則は、1990年3月20日設立制定によるものとする。
2.2010年8月28日 総会後改訂とする。